エドワード・バッチ

絞り込み方法
      エドワード・バッチは、王立ロンドン・ホメオパシー病院に勤務後、ロンドンのハーレイ・ストリートに診療上を構える高名な医師でした。博士は患者の訴えに耳を傾けているうちに、従来の診断法・治療法だけでは不十分ではないかと考えるようになり、独自のヒーリング・システムを開発しようと決意します。
      1920年代に始まった彼の研究は、ウェールズで初めて2種類のフラワーレメディーを発見したのをきっかけに、その研究に専念するため、ロンドンでの地位と名誉を捨てて、1936年に亡くなるまでの間、休むことなく続けられ、様々な試行錯誤の末に果生まれたのがバッチフラワーレメディ(植物の力を利用して、人間の否定的な感情および体調を整える自然療法)です。長年の研究の結果、人間の持つ感情や性格のパターンを38種類に分類し、それぞれの感情を癒す38種類のお花を苦心の末、次々に発見していきました。
      心や感情のバランスを保つことが、身体の健康へも繋がると考えたバッチ博士が発見したこのシステムは、約90年もの間、世界中で活用され、いまでは60カ国以上で年間800万本以上のフラワーエッセンスが販売されています。

      0個の商品

      0個の商品

      申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。