バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディ

絞り込み方法

バッチフラワーレメディは、1936年にエドワード・バッチ博士により開発されたフラワーエッセンスです。38種のバッチフラワーレメディの中から、今の自分の”心の状態”または、性格や性質などの”個性”に合う1~7種類を選びましょう。早い方なら1~3日、遅い方でも数週間程度で心のバランスが取れてきたと実感でき、「ラクな気分」になれます。副作用や依存性のない自然療法で、元気を取りもどしましょう。


4個の商品

4個の商品

バッチフラワーレメディ

多くの人に愛されている長い歴史と伝統のあるブランドです。開発から約85年経った現在も、製品は、バッチ博士が開発をした場所である、イギリスのバッチセンター周辺の草花により母液が製造され、150年以上の歴史があるイギリスのネルソン社でボトリングされています。バッチフラワーの成分は、グリセリン(植物性)、水、それぞれのお花のエネルギーで作られ、ナチュラルな成分で安心、安全です。
バッチフラワーにはまったく副作用がありません。依存性や習慣性もありませんから、他の薬剤や治療法と併用することができ、赤ちゃんからお年寄りまですべての方が安心して飲むことが出来ます。間違って別のレメディを選んだとしても問題ありません。日常的なストレスの解消、問題のある性格や習慣を改善するため気軽にお使いになれます。


コレクション誕生秘話

バッチフラワーレメディは、1936年にイギリスの医師であり、細菌学者、病理学者でもあった、エドワード・バッチ博士により開発されました。そのためブランド名の由来は、バッチ博士(Bach)による花(Flower)の療法(remedy)から取られ、バッチフラワーレメディとなりました。 バッチ博士は、ロンドンのハーレイ・ストリートに診療上を構える、高名な医師でした。博士は患者の訴えに耳を傾けているうちに、従来の診断法・治療法だけでは不十分ではないかと考えるようになり、独自のヒーリング・システムを開発しようと決意します。 1920年代に始まった彼の研究は、1936年に亡くなるまでの間、休むことなく続けられ、様々な試行錯誤の末に果生まれたのがバッチフラワーレメディ(植物の力を利用して、人間の否定的な感情および体調を整える自然療法)です。長年の研究の結果、人間の持つ感情や性格のパターンを38種類に分類し、それぞれの感情を癒す38種類のお花を苦心の末、次々に発見していきました。心や感情のバランスを保つことが、身体の健康へも繋がると考えたバッチ博士が発見したこのシステムは、約85年もの間、世界中で活用され、いまでは60カ国以上で年間800万本以上(10mLボトル換算)のフラワーエッセンスが販売されています。


ワンポイントアドバイス

当店を始めるきっかけになったのがバッチフラワーレメディですのでとても思い入れの深いブランドです。花の癒やし効果を使ってマイナス感情をプラスに変えるというコンセプトはとても素晴らしいものがあり、そうしたヒーリングメゾットを誰もが簡単に作れるようにとすべて一般公開した開発者のエドワード・バッチ博士の心意気にも感銘を覚えます。そのお陰で今では世界中に3000種類は超えるであろうフラワーエッセンス商品が発売され、特に一番人気のバッチフラワーレメディは欧米では当たり前のように薬局に並ぶという東洋でいうところの漢方薬のような存在になっています。