もしかしてコミュ障?多頭飼育などで孤立するペットを救うにはこれ!

おはようございます、HALです。残念なことですが、日本ではペットの飼育放棄は以前から社会問題の一つです。

「かわいいと思って飼ってみたけれど、意外に大変だった」
「野良猫を保護して避妊せずに育てていたら、増えすぎて手が付けられない」

動物保護施設や保健所などにも、そうしたことで手放された仔達が やってくるそうです。 その中には、「殺処分」という不幸な道しか残されていない仔たちも 未だに多く存在しています。 そのことを考えると、情報を伝える側も、ペットを飼うメリットだけを伝えるのではなく、 生き物を飼うという責任についても、同じように伝えていかなければいけないなと 強く思うのです。

けれど、そのことを分かった上で飼うペットは、家族の一員として 本当に多くの幸福を私たちに与えてくれますよね。 最近では、ペットと一緒に暮らせる賃貸物件も増えていると聞きます。 ペットと暮らす有意義で幸せな生活を、もっと多くの人に知って貰えたら・・・。 そして、できれば保護された犬猫たちの中から、迎えてあげて、 不幸になるペットを少しでも減らせてあげられたら・・・と思います。

そこで実態を知りたいと思い、先週、民間の保護猫施設に見学に行ってきました。 すると、さまざまな仔達が出迎えてくれたのですが、中でも印象に残った仔がいたのです。

もしかしてコミュ障?多頭飼育などで孤立するペットを救うにはこれ!

その仔は、保護施設に来てから半年以上が立つと聞かされましたが、 周りと打ち解けることが出来ずにいるように見えました。 でも、萎縮している・・・というのでもないようでした。 周りで猫同士が仲良くしているのを見ても無関心で、自分の周りにバリアでも 張ったように、他の猫を寄せ付けない雰囲気がありました。

このような猫は、飼育の上では特別手が掛かる訳ではないので、見過ごされがちですが、 実は人間でいえば、コミュニケーション障害、通称「コミュ障」と言われる症状が 出ていると思われるのです。 人間でもそうですが、コミュ障になると、人間であろうがペットであろうが 干渉してくるもの全てが苦痛に感じてしまい、そのストレスも相当なものになります。 飼い主が何をしてあげてもストレスを感じてしまうというのは、とても悲しいことですよね。

そこで、与えてみて欲しいのが「ウォーターバイオレット」です。

ウォーターバイオレット(つながり)《バッチフラワーレメディ》10mL

ウォーターバイオレット(つながり),バッチフラワーレメディ

多頭飼育をしているご家庭や保護施設などはもちろん、 保護ペットの里親になったはいいのだけれど、ずっと心を開いてくれないまま・・・と 悩んでいる飼い主にもぜひ、試してみてほしいフラワーエッセンスです。 もちろん、猫だけでなく、犬やその他ペットにも有効です。 病気などで薬の制限のあるペットにも、「ウォーターバイオレット」は副作用がないので安心です。 ペットと心が通じた瞬間は、感慨深いものになるでしょう。 ぜひ、フラワーエッセンスで壁となる障害を取り除いて、お互いに良いと思える 関係を築いていってほしいと願っています。

それでは、また次回お会いしましょう!Have a great day!

ライターの愛犬

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。

記事で紹介した商品

ウォーターバイオレット(つながり)《バッチフラワーレメディ》10mL
ウォーターバイオレット(つながり)《バッチフラワーレメディ》10mL
ウォーターバイオレット(つながり)《バッチフラワーレメディ》10mL
ウォーターバイオレット(つながり)《バッチフラワーレメディ》10mL
ウォーターバイオレット(つながり)《バッチフラワーレメディ》10mL
ウォーターバイオレット(つながり)《バッチフラワーレメディ》10mL
ウォーターバイオレット(つながり)《バッチフラワーレメディ》10mL

ウォーターバイオレット(つながり)《バッチフラワーレメディ》10mL

2,700円